でえくの娘、職人エステティシャンの独り言 - 2008/05

でえくの娘の独り言

2008年05月31日(Sat)▲ページの先頭へ
暖簾にあぐらをかく。
吉兆の閉店の話をしていて、お客様が話しだした。

「一緒にテレビを見ていた孫が、
暖簾にあぐらなんてかけないって、言うのよ。
なんで、あんなペラペラな物の上に、あんな掛けてある布に、
座れないのだから、胡坐をかけるのかって、
胡坐なんてかけないでしょって・・・。
だから、暖簾って言うのはあのペラペラの布の事ではなくて、
店の持つ長い時間をかけて培ってきた信用の事を例えて、
「暖簾」って言うんだって説明するのだけど、6歳でしょ、
今度は、信用が、分からないって・・・。
信用って、何って、聞かれるの。
分からないって、怒るのよ!
分かるように説明してって、言うのよ。
あの子の母親、うちの娘は何でも聞かれると分かるように説明するから。
だから、母親に聞きなさいと、説明を打ち切った。」

うん、「暖簾にあぐら」を小学校一年生に、説明するのは難しいな。
暖簾と呼ぶ、布は知っているけど、あぐらも知っているけど、
6年しか生きていない、
半径50センチくらいの範囲で生きている年齢には、
信用は理解できないのだろう。

「あぐらをかく」
のんきにかまえて、何の努力もしないことのたとえ。

「暖簾」
多年にわたる営業から生じる無形の経済的利益。
得意先・仕入れ先関係、営業上の秘訣、信用、名声など。
法律で権利とみなされることがある。

暖簾がないので、あぐらどころか、正座もできない私ですが、
「店と屏風は広げ過ぎると、倒れるんだよ!」と言っていた、
友人を思い出した。


2008年05月30日(Fri)▲ページの先頭へ
私設秘書さんへ
業務連絡、業務連絡♪

先日の「母にもしてあげたいので、分けて下さい」と言われて、
お渡しした「魔法?養老?の水」の件です。
その後、「一人花岡青洲」人体実験を繰り返し、
日夜、効果の確認に努めておりました。
情報を集め、更に、本日、研究者による安全性を確認しました。
そして、ディーラーさんが、商品化に向けて動き出しました。
次回ご来店時までに、モニターになっていただくべく、
小分け容器を用意致して、ご来店お待ち致しております。
因みに、小さな「つづら」なので、大きなバックはいりません。
業務連絡、でした。


2008年05月29日(Thu)▲ページの先頭へ
ガラスビルの謎が解けた。
「天災は忘れた頃に、やってくる」と言われて、
小学、中学、高校の12年間、
9月1日には、机の下に潜らされて、育っている。
「顔は大きいが、気は小さい」私は、
高いところが苦手、飛行機も苦手。
高層ビルなんて、ましては、高層ガラスビルなんて、とんでもない。
足元が見えるのも怖いけど、ガラスの雨が降ってきたらと思うと、
ビル自体に近づかないようにしている。
なのに、なんで、こんなに多くのガラスビルを立てるのだろうかと、
不思議に思っていた。

「テナントは喜ぶわよ、ガラスビルは。
外から、何を売っているって見えるから、
何をしているか、分かるでしょ。
テナント誘致の事を考えると、ガラスビルよね」と、
ビルを持っているお客様に言われて、
そうかと、テナントの為かと、
ガラスビルが流行っている謎が解けた。

いつか、慣れてしまうのかなとも思うけど、
「当分は馴染めないな」と、
不安定な形の紀伊国屋ビルを見ていて思う。


2008年05月28日(Wed)▲ページの先頭へ
麻布台のおしりの木とおまけ
なんだかねぇ〜、嬉しくなるんですよ、この木を見ると。
麻布台郵便局の前の信号近くにある、見ると、
にんまりと笑顔になる、「おしりの木」
バス停を降りると必ず探し見る、いつも、気になる木。

最初に見つけた時にも写真は撮ったけど、夜なので、
良く分からないかなとアップするのを保留する。



「成長しているかな?」と比較の為に写真を撮る。
でも、お育ちにはなっていない、未だ、半ケツ状態。



成長の記録として、残しておこうと思っている。

おまけ:
道で配っていたフリーペーパー「ルージョ」
パラパラと捲っているとP71「座布団のマナー」、
座布団を勧められた時の、正しい座り方が出ている。
イラストを見る、何だろう、か、不自然。
試しに鏡の前で座ってみると、私のお尻の下には、踵がある。
イラストでは、お尻の下にはなく、その先に踵があり、
足裏が描かれている。
「あ、私の脚が、膝下が、短いから、だ、ぁ。
このイラストレーターは、若い、のだ、ぁ」

きっと、昭和の終わりに生まれた人なのだわ、
と、ここにも、時代の波が押し寄せている。
ルージョを貰った人は、P71を見てね。

正座姿をも変える、時代の波が、すぐ、そこに来ている。
どっぶ〜〜ん。


2008年05月27日(Tue)▲ページの先頭へ
夏日ですね、トルコ桔梗
トルコ桔梗、花言葉は、
「深いおもいやり」「清々しい美しさ」

先週活けた花は、鉄仙、日本の青紫。
今週は、テキサスが出身地の、紫のトルコ桔梗。
ちょっと、色が強いかなと思いながら、
カサブランカの白に助けてもらって、引きたててもらって、
活けてみました。



一枝の中に、色の濃淡があるのが、ご覧頂けますでしょうか?



夏が近づいています。


2008年05月26日(Mon)▲ページの先頭へ
小運女の本日の小運日記
本日の目標
1、 倉庫へ不要な物を納める。
2、 家賃の振込
3、右近としこ展へ行く。

約束の無い、一日。
ゆっくりと時間に追われることなく、
絵を見に行きたいので、まずは、1と2の用件を済ませる。

赤羽橋から麻布十番の銀行を目指すが、
振り込みは新宿の銀行にしようと途中で思い返し、
赤羽橋の駅へと引き返す途中の道で、
段ボール箱を抱えた女の子に声をかけられる。
「何だかかんだか」要点は「果物を買いませんか?」だった。
メロン、甘夏に混じって、「ニューサマーオレンジ」が見える。

好きなのよ〜ぅ♪ニューサマーオレンジがぁ〜、
東京では余り手に入らない。
手に入っても、スカスカだったりして、ねえ〜。
「800円なんですけど、525円で結構です」と言われて買う。
大きなボストンへ、しまう。



新宿で銀行の用を済ませ、アイランドタワーを目指す。
朝、電話で最寄りの駅を聞くと、
「丸ノ内線の西新宿駅です」と教えてもらうが、
「都庁前で降りてはだめですか?」と聞くと、
「歩くと10分ほどですが、分かりにくいと思います。
この近辺の地理に詳しければ、宜しいのですが・・・」と言われた。

西新宿の地理に詳しくないので、宜しくはないが、
折角地上に出たのに、又地下に潜って、丸ノ内線に乗るのが嫌。
駅近くにある地図を見ると、行けそうな気がする。
「あの角を曲がって、直進して」と、
頭の中に、地図を思い浮かべながら、
右斜め方向へ歩けば行きつくはずと歩くと、
ギャラリーのある、アイランドタワーを発見する。

ぶかぶかのジーンズに、素足にミュール。
絵を見る前に、休憩の為にコーヒーショップを探し、地下へと降りる。
ゆったりとした空間に、パティオに足を踏み入れると、
気分はハワイになっていた。
コーヒーと思いながらも「麒麟シティ」に入る。
麒麟のお店で、コーヒーはねぇ〜と、
「ブラウマイスター・フェア」の文字にも惹かれ、
気分はハワイだし、お休みだから良いのと、ビールを頼む。
泡のこぼれ落ちるビアグラスが到着して飲んでいると、
「ブラウマイスターのフェアなので、
くじを引いてみてくれませんか?」と、
ケチャップの容器のような青い筒を渡される。
ぷるっと振ると赤い芯のようなものが出てきて、
「おめでとうございます!ビアグラスを進呈します」
ああ、得意の小運、禁じていた小運、だわ。
そして、ビニールの手提げに入った箱入りビアグラスを、
「壊れやすいので、気を付けてお持ち帰り下さい。
洗う時も、気を付けて洗って下さい。
何分とも、壊れやすいので」と念を押され、渡される。
この人は、知っているのだろうか、私の壊し癖を。
ごっついバカラのワイングラス、は、半年で割った。
友達がお土産に買ってくれたワイングラスは、翌日に壊した。
昨年、6個あったマグカップは、現在は、2個となっている事を、
どこかで見ていたのだろうか。
で、壊さないように、大きなボストンに入れる。



20階にある「ギャラリートーニチ」で、絵を見る。
私の知識が少ないせいか、水彩画なのだけれど、
油彩のようにも見える、重厚な雰囲気が漂う。
オレゴンの絵も多かったように思うが、
良いなぁと思う絵は、皆、マルタ、シシリー。
読売新聞に出ていたのは、
「Good Morning In Sicily」と題されていた。
そう、この絵に惹かれた行ったのだ。
小さなスペースなので、2回周ってみる。
マルタ、シシリー、あの絵の風景の中に、足を踏み入れたくなり、
いつの日か行ける事を願い、忘れないようにと、何度も頭に刻む。
買えないけど、右近さんの絵は、又見てみたいと思ったので、
名前を書いて帰る。
帰り際に、「Good Morning In Sicily」のポストカードを見つけ、
戻って受付の方に、
「あのポストカードを買いたいのですが、売ってはいないのですか?」
と聞くと「1枚だけ残っています、これで、宜しければ」と渡される。
「ありがとうございます」と受け取る、とぉっても、嬉しい。
写真載せたら、怒られるかな?と、少し心配ですが、この絵です。



本日の小運、収穫は、
1. ニューサマーオレンジ
2. ビアマイスターグラス
3. 右近としこさんのポストカード

足のマメが痛いけど、新宿からは徒歩とバスで帰って、
幸せな、1日でした。


2008年05月25日(Sun)▲ページの先頭へ
冷蔵庫伝説の復活
「10kg位なら、小指で持つよね!」と同僚に言われていた。
「洗濯機を、持って帰って来たんだよね!」と、
アリぞうの友人は、「冷蔵庫伝説」を、勝手に模様替えをしている。
が、さすがの私でも10kgは、小指では持たないし、
いくらなんでも、洗濯機の持ち帰りはしていない。
又、近頃と言うか怪我をしてからは、膝の負担を考えて、
「普通の女」になり下がり、重たい物は持たないようにしていた。
でも、丈夫で力持ちで通っているの、で・・・。

今月初めに、手伝いの為に神奈川の親戚に2泊し、
今週は1泊して帰ってきた。
親族の間でも「丈夫で力持ちの肉体労働者」で通っている、私。
故に「リハビリ中なの」、などと言っても聞いてもらえないし、
誰も覚えてもいないし、且つ、又、たとえ言っても、
「だから・・、何?」が、せいぜいで、
「2階にあるベッドを降ろして組み立てて!」や、
「座卓を降ろして!」だとか、手伝いに行ったので良いのだけれど、
でええええ〜〜〜、使われるがままに、使われた。

シンデレラの如くに働き(ちょっとだけ、嘘)、
2階と1階を、何往復も繰り返した。
正座をしなくてはいけない場面では、座布団の上で正座もし、
寝る時は、お布団で寝ていた。
朝起きぬけの時は、筋肉が、膝関節が硬くなっているので、
疼きを感じはしたが、以外は忘れていた。
田舎から出てきた従兄弟を探して、気が競り知らず公園を駆けだして、
「あ、私、走っている」と、驚いた。

今週、屈んで床の汚れを落としてから、ワックス掛けをした。
前回のワックス掛けの後日、腿とふくらはぎの筋肉痛に悩まされたが、
今回は何ともない。かすりとも痛くない。
未だに膝の曲げ伸ばしをすると、「カクっ」と音がするが、
「カクっ」の音が、少し小さくなったように思う。
神奈川に行く度に、ん、あの家で何日間か暮らしただけで、
膝が良くなっている。
常は、階段を使わない、平面で暮らしているので、
階段のある何日間で、脚が鍛えられた、らしい。

あの家で生活をすると、リハビリ効果が高いように思えるが、
6時前から起こされるので、泊まりを拒んでいる。


2008年05月24日(Sat)▲ページの先頭へ
川上弘美さん「風花」
ハードボイルドを何冊か続けて読んでいたら、
一休みして、少し、憩いたくなった。
カルビとカルビの間に、タン塩や、ナムルで、
舌に感じる味を変えるように、
塩カルビなら兎も角、
ベタ甘辛の下駄カルビのようなハードボイルドを読み続けていると、
ネギのたっぷりと乗ったさっぱり味のタン塩が、欲しくなる。

川上弘美さん、
何冊か読んではいるけど、すっごい!ファンではないの。
でも、「風花」は、
買おうかな、読みたいけど、どうしようかな〜と、
本屋さんに行く度に気にかかり、手に取って、
そして、置いて帰っていた。
不倫、離婚。
普通に書くと「ドッロドロ」の印象を受けるけど、
そこは「川上弘美さん」
てれれれ〜れ、れんれれん♪てれれれ〜れ、れんれれ〜♫
ドラマ「大奥」のような、愛憎劇にはならない。
絵に例えると「色鉛筆画」色鉛筆で描いた花の絵のように、
淡く、さらさら、さらさらと、物語は流れて行く。

人を好きになるのは良いことだと、恋愛、恋をしなさいと、
世の中は囃し立てる。
でも、結婚すると、他の人を好きになってはいけないのよね、
恋をしてはいけないと、言われることになる。
当たり前のことだけど、そうだったと、思いだした。
結婚前と、結婚後で、恋愛に対する是非が変わる、
遠い目で人の恋愛を見ている私でも、
不条理じゃないかなとも思うけど、ね。
「恋をしたんじゃなくて、恋におちたんだ」と、文中にある。
恋におちる、うんうんと、頷く。


「川上弘美さんと、風花」
食べ物に例えると、何だろうかと、和食?イタリアン?
二晩考えたけど、思いつかない。
結果、24色の色鉛筆を買って、スケッチに行きたくなった。


2008年05月23日(Fri)▲ページの先頭へ
右近としこ展
電車通勤をしていると、探さなくても電車の中吊広告などで、
情報を得られたりもする。
最近、美術館や絵を見に行っていないのは、
電車通勤をしなくなったせいだと、思っていた。

親戚で見た読売新聞夕刊に、
美術館情報と絵画などの美術展のお知らせが出ていた。

「シチリア島」を描いた絵が写真に出ている。
「右近としこ展」
オランダ、プエルトリコなどの旅先の風景を中心に描いた水彩画とある。

「見てみたい」と思い、行こうと思っていてもね、忘れるから、
「へへっ」と、親戚の目を盗み、
へらへらっと笑いながら新聞を切り、折り畳んでバックに入れた。

朝刊すら拾い読み、夕刊は読まずに捨てることが増えていた。
金額的には、殆ど変わらないので夕刊を取り続けていたが、
「今日も読めなかった・・・」感に苛まれ、昨年、夕刊を止めた。

従兄弟に「その紙は何?」と聞かれ、
「絵画展の情報、夕刊に出ていたから行こうと思ってね、切り抜いた♪」
と答えながら、
そうか、夕刊をやめた性で、情報が減っていたのだと、気が付いた。

忘れないように、PCの前に、マグネットで止めてある。
来週のお休みに、行くんだ、「右近としこ展」
新宿の、ギャラリートーニチで、27日まで。
TEL 03-5323-6501



そして、又、夕刊を取り始めようかなと、考えている。





2008年05月22日(Thu)▲ページの先頭へ
モモレンジャー
「ジェンダー」や、「フェミニズム」
薄ぼんやりと、言葉の意味は知っているが、
世界には、聞いていると、辛さに目を背けたくなる、
胸が苦しくなる境遇の女性差別も存在するから、
決して否定はしない。
でも、あまり声高に叫んでいるのを聞くと、
す〜〜っと、気付かれないように笑いながら、
後ずさる、心が引いてしまう。

男性作家の本を続けて読んでいて、気が付いた。
大体において、女性の容貌に対する形容が一緒、で、
「こういう外見、性格が好きなのね」と、
作者の女性の好みが、窺える。
因みに、垣根涼介さんは「顎の鋭角的な顔」が、
男女問わずに好きらしく、よく出てくる。
添え物の女性だからなのか、美女と言う表現も、好きらしい。

私の読んでいる本の範疇で、なのかも知れないが、
女性作家の書く、女性の外見の表現は、
「美人」と一括りにはされずに、外見だけでなく性格その他も、
具体的に掘り下げているように思える。
飽くまでも個人的な、見解ですが。

「秘密戦隊ゴレンジャーも、4人の中に一人だけ、
女性のモモレンジャーが添え物で、入っているでしょ。
ドラえもんだって、女の子がしずかちゃん一人でしょ!」
と、言われて「そうだな」と、
「いつだって、女性は添え物としか存在がないのよ!」と、
ヒステリックに、声高に叫ばれて、ゲンナリしたけど、
あのドラマも、そっちのドラマも、思いだしてみれば、
指摘されれば、そうだなと、納得した事があった。

ジェンダーのあの先生!この本読んだら、
怒り狂うだろうな〜と心の中で、ほくそ笑みながら、
垣根涼介さんの「ヒートアイランド」を、今、読んでいる。


2008年05月21日(Wed)▲ページの先頭へ
垣根涼介「午前3時のルースター」
出会いは・・・、多分。

暫くの間、雫井脩介を読み漁っていた。
アマゾンで、次なる雫井脩介の本を探していたら、
「この本を読んでいる人は、こんな本も読んでいます」と言う、
アマゾンお得意の、世話焼きをされて、出会ったような気がする。
そして、「君たちに明日はない」
題名に惹かれて、レビューに惹かれて、
垣根涼介を読むようになった、が。

「君たちに明日はない」リストラの面接官の話。
つまらなくはない、けど、ね〜え、ピンとは来なかった。
恋愛絡みに話が進むからなのか、
主人公が好きではないから、なのかは分からないが、
ん〜、主人公に、感情移入できない。
でもそう言いながら、AMAZONで、他の本を探す。
レビューを読んで、ここは一番、
著者の得意?とする、バイオレンス?に行こうと、
「午前3時のルースター」を買う。
最近興味を持ち始めた、ベトナムを主舞台としている。
寝なくてはと思いつつも、「うんうん」と話に乗せられて、
気が付くと、一番鳥の鳴く午前3時、結構睡眠不足、でっす。
ドキドキしながら、乗せられてしまうのですよ、
引きずられてしまうのですよ。
読後3日後くらいには、「甘いな!」とも「夢だな」とも思うのだけれど、
読んでいる最中は、夢中になる、なった、乗せられた。
続編の「ヒートアイランド」も、買ってある。
このまま一気に「ワイルド・ソウル」まで行くであろう、勢いです。

なんだ〜、垣根涼介、結構、好きなんじゃない、ほほ。
色恋は余りなく、登場する女性は、大抵、美女。
美人の表現よりも、美女です。
女性よりも、車好きの男性に、お勧めですか、ね。



2008年05月20日(Tue)▲ページの先頭へ
出禁?か、禁断?か、北青山
最近、ガラス張りのビルが増えているように、見かける。
「ピーマン嫌い」が、ごくわずかなピーマンを、
隠れているピーマンを見つけるように、
実際はどうなのか分からないが、
嫌いだから目に付くのかも知れないが、
見つけてしまう。

青山通りの「レイジ―スーザン」のガラス張りビル(北青山)が、
建った時には、
「地震の時にはどうなるの?ガラスの雨が降るんじゃないの?
私は、あの前を通らない、絶対に近づかない」と、
怖いわ、ブルースウイルスのいない、ダイハード、だわ、と、
思っていた。
暫くして、並びの土地に「ワールド」のガラス張りビルが建ち、
自然と、私には禁断の通りとなり、北青山側は通らないようにしていた、が。

建設中の「元紀伊国屋跡地ビル」はガラス張り・・・だけでなく、
思いっきり不安定な気持ちになる、上広がりのビル。



でも、まあ、「紀伊国屋」は地下に入るというので、
ササッと行って、ササッと帰ろうとは、思っている、が。
昨日見ると、もう一棟のビルも、ガラス張りに立ち上がってきて、
更に気分が落ち込む。



昨日、明治通り沿いに仕入れに行ったら、目の前の建設中のビルも、
ガラス張りビルに出来上がっていた。



出禁?か、禁断?か、昨今、行動半径が狭くなってきている。






2008年05月19日(Mon)▲ページの先頭へ
命名「匂うダイヤ」
近くの八百屋さんで「にんにく下さ〜い、国産の!」
ここでは、以前「中国産で良いよね?」と聞かれて、
「やだ!」と思わず言ってしまったことがあるので、
事前に、国産と言う事にしている。
「国産ね、高いよ!350円」と言われて、
「ハイ、良いですよ」とお金を渡す。
先日紀伊国屋で売っていたにんにくは、698円。
とても畏れ多いので、勿論、買えない、買わない。
横目で「お〜〜〜ぅ」と見ていただけ。

「季節によって、値段が違うんですか?」と聞くと、
「中国産のにんにくが入ってこないから、
青森が強気になって・・・、の高値なんだよね」と教えてもらう。
「この前、紀伊国屋で見たら698円だったから、
平気です」と答えると、
「売る方は、あんまり高いと気が引けて売りたくなくなるから、
嫌なんだよね、高くなると・・・。」と、言われる。

国産のにんにくは、8片、中国産は11片だから、
数で、中国産か国産かは分かると、
この八百屋さんで以前に教えてもらった。

698円÷8=87円

味付けのにんにくだけで、87円かあ〜。

キャビアが黒いダイヤなら、にんにくは何、白いダイヤ?
あ〜駄目だ、ダイヤは普通白いのだと、帰り道道考えて、
そうか、匂うダイヤと呼んでみようと、思いついた。


2008年05月18日(Sun)▲ページの先頭へ
日本に生まれた幸せ
新聞を見るのが、辛くて嫌だ。
目を背けても「生き埋め」や「土砂崩れ」の文字が、
見なさい!の如くに、1面に蔓延っている。

お風呂屋さんで、顔見知りの人が、
「ミャンマーの人だとか、中国の人の事を考えると、
綺麗な水を飲めて、お風呂に入って、申し訳ない気持ちになる」と、
話しかけられた。
「日本に生まれただけで、それだけで恵まれているんだって、
言われましたけど、本当にそうだなって、思いますよね」と、
答えると、
「そうね、そうだわ、日本に生まれただけで、幸せなのよね」と、
「そうよね、日本に生まれた事だけで、幸せなのよね」と、
何度も繰り返し、感慨深げに言われた。

手を差し伸べたくても、遠くて届かない国の不幸を知るにつけ、
胸が痛んで、新聞が読めない。


2008年05月17日(Sat)▲ページの先頭へ
殿か、閣下か、皇帝か?
「白馬の王子様 看板」で検索したら、
青山&麻布台編と出てきて・・・、
読んでみたら・・・、自分のブログだった。

友人&お客様から続々と「王子様」の写メールが届く。
表参道の駅中の看板は、MAXMARAの前の看板よりも、良いかな?



ネットで検索すると、「電車どおり」にも「錦糸町&有楽町」にも、
いないと、書いてある。
表参道の駅の中にも、いない、らしいし、
新宿の丸井メンズ館の上の看板に至っては、
「王子様は絶滅した」と書いてある。
だったら、王子様看板、書くなよ!とも思うけど、ね。

王子様探しは別として、
お姫様OR女王様(にしおかすみこじゃなくて、普通の意味で)に、
なりたかったら、青山全身美容室、です。
珠には、宣伝、です。

若い年代は「お姫様になったみたい♪」で、
人生経験が長めの方は「女王様気分!」と、仰います。
まだ、「王子様になったみたい」や「王様気分」とは、
言われたことはありませんので、
王子様&王様気分にはなれないようです・・・、が。

次から、メンズのお客様には「王子様」とか、
「殿!」と呼んでみようか、とぅ〜、
「皇帝」「閣下」と言ってみようかと、思っています。

ま、嘘だけど♪



2008年05月16日(Fri)▲ページの先頭へ
行っては、いけない!
多分どこの地域でも、近隣住民の誰もが皆言う、
「行ってはいけない病院」が、あると思う。
マッツー(松葉杖)を半年以上も借りていたのは、
そして、私自身も人には言っていた、
「あそこの病院だけは、駄目!行ってはいけない病院」
じゃあ、何で、行ったの?と聞かれると、
「他の病院が・・・、思い出せなかった。」ので、行った。
「手術」と言う言葉を何度も言われて、
「ここで、この病院では、何があっても手術は嫌だぁ〜!」
の気持ちで逃げ出して、他の病院のお世話になるが、
マッツーは、使っていたので返却せずにいた。

ピンキー(折り畳み杖)を使い始めて、返却に行こうと思うが、
さて、どの位の金額を請求されるかなと、不安になる。
5万円とか言われたら、どうしよう。
支払いに行って、手持ちが足りないと言う事だけは、避けたい。
で、予め電話で概算を聞こうと電話をするが、
「お掛けになった電話は、移転の為に番号が変わりました」
で、移転先の電話番号に電話して、料金精算の旨を伝える。
「6千円を預かり金として、申し受けている筈ですので、
預かり金の領収書をお持ち下されば、精算致します。
たとえ、預かり金を申し受けていなくても、お支払いは、
MAXで6千円ですから。それ以上の金額は発生しません」
と言われるが、預かり金を払った記憶もないが、
領収書もない・・・、そうなのだろうか。

まあ、でも、MAX6千円ならば、銀行でお金をおろさなくてもと、
移転先を尋ね尋ねて、ようやく探しあてる。
会計で、預かり金の事も話し、精算の旨を伝えると、
計算を始めるが、だいぶ待たされる。
その内、「やだ〜、どうしても、2万円を超えちゃう!」と、
聞こえてきた。
え?MAX6千円って、言っていたのに、
え、え〜〜〜〜!2万円は、嫌、きっぱり、嫌!
ネットで「折り畳み杖」を探している時に、
「松葉杖」は¥3,980で、売っていた。
買えちゃうじゃない!5本も買えちゃうよ!
このままだと、黙っていたら2万円だ、と、
おずおずと、会計に近づく。
「すみません、先ほど電話をして概算を伺ったら、
男性の方が、MAXで6千円だと、仰ってましたけど・・・」と、
チョイ上ずりぎみの、小声で囁く。
「教えて下さって、ありがとうございます」って、
言っては貰えたけど、感じは良かったけど、ね。
結果、6千円の支払いで済んだけど、済んだから良いのだけれど、
電話で確認していたから、済んだけど・・・。
医療面だけでなく、あ〜やっぱり、またまた、認識を新たにする。

「行ってはいけない病院」だな、と。


2008年05月15日(Thu)▲ページの先頭へ
試練の英会話「とっさの一言」 
「男性のエステなさっていますよね?」と、
知らないエステから電話が入る。続いて、
「当店は男性のお客様を承っていないので、
ご紹介したいのですが、外人の男性のお客様です。
英語を話せるスタッフはいらっしゃいますか?」と聞かれる。
「いえ、英語の話せるスタッフはおりません」と答えるが、
さど〜ん〜・りぃー「ハロー」と・・・、
電話の相手が変わって・・・、いた。

以前「英語は話せません」と英語で言うと、
「あなたは今、英語を話している」と言われたので、
今回は「アイ キャン スピーク イングリッシュ、あ・りとる」と、
答えた。あ・あ・あ・りとる、なのに、なのに、
相手は「あ・りとる」を聞かなかったように、話してくる。
思い出した単語は「すろーりー」叫ぶように言う。
ボディ希望で、施術内容を聞かれるが、
え〜〜〜っと、何て言うのかな?出てこない、
英単語すら、出てこない。
「今日は?」と聞かれるが、心の準備ができて・・・いないので・・・、
正直に言うと、頭の準備ができていないので・・・。
明日の営業時間を聞かれ、Hpを見ると言う事で、明日電話をすると、
言われて、電話が切れる。

どうしよう、もし、来たらどうするか、で、準備をする。
まず手始めに、英語のカルテを探すが、古く黄ばんでいる。
作り変えようかと思ったけど、時間がないので、コピーする。
接客用の英会話のファイルをカウンターに出す。
でも、かる〜〜〜く、来ないで欲しいなぁ〜なんて、
イケナイ、イケナイことだけど、考える。
では、どうするか!!!
「万全の準備をすると・・・、来ない。」が、青全のジンクス。
その昔買って持っている筈の、
NHKの「とっさの一言」なるテキストを探すが、見つからない。
これがとても、便利だった記憶がある。今、覚えているかと聞かれると、
「あいむ、ろすと」しか覚えていない、けど。
仕方がない、作るか!で、
「とっさの一言」なる英語の文章を、英辞朗その他を駆使して、作る。
「魔除け?」あ〜、イケナイ、そんな言葉を思い出しては、イケナイ。
英会話の本も、引っ張り出す。
更に、頭の中で、接客場面を想定して、英語を思い出す。
そして、昨日一日、英語の電話は、入らなかった。
まあ、ちょっと、フリーダイヤルが入ると、ドキドキはしたけど、
スリリングだった、一日は過ぎた。

月曜日に「みーつー」なんてブログに書いた、から?かしら。
だから、試練の電話が入ったの・・・、かしら?
でも、今は、少しだけ頭の中に英語が入っている、らしい。
くっぢゅーぷりーずって、思いだしているし、ね。
これを機に、忘れないようにしておこうと、
英会話事典と和英辞典も、カウンターに、置いてみた。
でも、ここはやはり、NHKの「とっさの一言」であろうかと、
探そうっと、思っている。


2008年05月14日(Wed)▲ページの先頭へ
アルストロメリア・・・だ、そうで・・・。
たま〜にある「1バケツ1,050円」のお花達。
ピンクのお花が可愛くて、今日はこれにしようと、
誰にも取られてなるものか!と、バケツの前に陣取って待っていた。

「ピンクのこれはなんていうお花?」と聞くと、
「これはアルストロメリアです」
え?ず〜〜っと、アストロメリアと、覚えていた。
お花屋さんが「アルストロメリア」って言うんだから、
「アストロメリア」でなく、「アルストロメリア」なのだろうけど・・・。
ネットで調べると、やはり、
アルストロメリア. 「百合水仙(ゆりずいせん)」だ、そうです。
百合水仙と聞くと、百合にも見え、水仙にも見える、そうか。



ピンクのオリエンタルリリー2本と、
アルストロメリア4本、白のトルコ桔梗沢山と、その他大勢の花と、
最後に「ガーベラも入れますね」と、赤白黄色ピンクのガーベラを、
おまけして貰って、「欲と二人連れ」して、
一人でふうふう言いながら、持ち帰ってきました。
上手に入らなかったのです、が、
まあまあまあ、公開、オリエンタルリリー。





2008年05月13日(Tue)▲ページの先頭へ
昨夜の東京タワー 芝公園
ワインたったの3杯で、酔う私では、ない。
が、昨夜芝公園の帰り道から、
風邪か、ワインのせいかは分からないが、
滅多にない頭痛に悩まされ、ブログを書いた後、
潜るように寝てしまった。

ならず者の部屋に行く前に撮った「王子の看板」は、
見事に手ぶれで字が読めないので、昨夜はアップしなかったが、
加工すれば乗せられるかなと、携帯を見ると、
忘れていた東京タワーが、出てきた。
「そうだ、本日の東京タワー」と題して書こうと思っていたのに、
すっかり忘れて、違う事を書いてしまった。

久しぶりに見る、ライトアップされた東京タワー。
寒さを堪えて撮った昨夜の東京タワー、綺麗です。



とりたま、ごめんなさい。

おまけの王子です。



読めない方の為に、
「白馬に乗った王子様は、芝公園の花壇でも、見つからなかった。」


2008年05月12日(Mon)▲ページの先頭へ
みーつー。
新規のお客様からのご予約の際には、
「お電話下されば、お出迎えに参りますので、
ご遠慮なくお申し出ください」と、必ず言っている。
「私は、その辺りの地理には詳しいから大丈夫!」と、
仰る方が、結構迷う・・・、危ない。
地理に詳しくない方は、地図を持ち、
しっかりと番地を確認しながら歩く。
が、知っている気分になると、「この辺、よね」で、
大体で歩くので、迷ってしまう。
などと言っている自分も、「みーつー」
と〜〜〜っても、人の事は言えない。

何時も乗る「渋谷〜神谷町経由の新橋行き」に乗って、
渋谷から赤羽橋まで行こうとしていた。
んが、「赤羽橋経由新橋行き」なるバスを見かける。
ぴったり、じゃない?私の行き先に♪と思い、乗る。
最近は、麻布十番近辺は結構詳しくなっているので、
麻布十番から、四の橋、ん?次かなと思いながら乗っていた。
「再生会病院って、ここなんだ」と、バスの旅を楽しんでいたが、
いいかげん「赤羽橋」と呼ばれない。
ふと窓の外を見ると「ならず者のマンション」を見かける。
「今ね、マンションの前だよ〜♪」とメールを送るが、
心の中でちょ〜っと焦っている、行き過ぎ、じゃないの、かな?と。
バスの前方に行き、停留所明細図を見ると、行き過ぎている、やはり。
「どこまで行くの?」と、乗客に聞かれ、「赤羽橋」と答えると、
「過ぎちゃったよ!」と、予想通りの答えが返ってくる。やはり・・・。
結局、大門で降りて、打ちひしがれながら、戻る。
「お茶しかないけど、寄って!」と、
ならず者からのメールが返ってくる。

ならず者のマンションの、インターホンを押す。
が、何度も部屋番号を押すが、「エラー」と、返ってくる。
結局4度試すが・・・、エラー・・・。
そう言えば、なんか、様子が・・・違うような気がする。
マンションを出て、マンションの名前が、ちっと違う、かな〜、
辺りを見渡すと、そう、確か、すぐそばに、○○があったような、
あった、そう、マンションが違うのだと気が付く。
じ〜〜〜っくり考えると、もっと、戻るような、気がする。
「お〜い」と自分の粗忽さに、笑いをこらえながら、
堪え切れずに口角を上げて、歩く。
知らない人が見たら只の「危ない人」

途中に、王子の看板を見かけ写真に撮るが、
不幸は重なるのよ、映らなかった。
ようやく探し当てた、今度は本物のならず者のマンション。
ならず者に合った途端に、堰を切ったように、喋る。
遭難するのは高い山だけとは限らない。
高い山だけでなく、低い山も用心しなければと、
バス停は、ちゃんと見ようと、心に誓う。


2008年05月11日(Sun)▲ページの先頭へ
ハチ公バスに乗って♪鶴の湯
お気に入りの八幡湯は、金曜日が定休日、です。
渋谷区東の「さかえ湯」に行こうと探すと、さかえ湯も定休日。
よ〜し、ここは一番、鶴の湯と、千駄ヶ谷を目指す。
ハチ公バス(渋谷区のコミュニティーバス)に乗って、
ゆ〜らゆらと行こうと、時刻表を元に、
出かけるが、ほんのちょっとで、目の前を通り過ぎる、見送る。
バス停を探すも、表参道駅周辺のハチ公バス乗り場を探すも、
見つからず・・・、どこ、どこ、どこなの、分からな〜い。
パトロールに出かけようとするおまわりさんを捕まえて、
「千駄ヶ谷行きの、ハチ公バスに乗りたいのですけど・・・、
バス停が見つからないのです」と言うと、
「あっち、です。こっちではなくて、千駄ヶ谷行きは、あっち」と、
まるで反対方向を指さされる。は・に〜?

ようやく、バス乗り場を見つけ、100円を用意して乗り込む。
「Pasmo」の表示があり、なんだ、Pasmo使えるのねと、
国立能楽堂前まで、ゆっらゆらと、気分良くハチ公バスの旅。
タクシーの車窓から、見た記憶はあるけど、
この辺りは、あまり歩いた事がない。
マイクロバスなので、裏道を、歩くように巡る。
神宮前から千駄ヶ谷、歩かない「ちい散歩」裏の道を、楽しむ。

地図を持ったつもりが忘れていて、国立能楽堂前で下車しても、
皆目見当がつかない、あっら、どうしましょん。
人に尋ね尋ね歩くが、「この近くの者でないので・・・分かりません」と、
何人にも断られながら、最後は、ヤマトさんに教えてもらい、
「鶴の湯」に辿り着く。

「いらっしゃ〜い」の、後期高齢者の声に迎えられる。
天井が高く、昭和の前半の頃「3丁目の夕日」の雰囲気を持つ。
浴場を見ると、大正、昭和、平成を生き抜いた方達、のみ。
湯船に浸かろうと思うが、こっちもあっちも、空いているところは、
脚の先を付けただけで出る熱さ、入りたくない熱さ、です。
「お湯は熱めです」と、ネットに出ていたけど、ほんとう〜に、熱い。
温度計を見ると、44度、はあ〜。
八幡湯のぬるめのお湯も「・・・」だけど、ここの熱さは、
私には、ちと、多分、絶対に、無理。
脚を入れたものの・・・、浸かれない・・・、
足が、じ〜〜ん、じ〜〜ん、と、する。
「そっちは熱いでしょ、私出るから、こっちにいらっしゃい」と、
湯船の場所を譲ってもらって、お水を入れながら、湯船に浸かる。
「時は金」少しの時間で、温まる。
「ハチ公バスの最終は、早いわよ」と言われたので、
そそくさと出て、家路を急ぐ。
帰りのバスは空いていて、乗客も少なく、
バス停を飛ばして走るので、早かった。
100円払えば、誰でも乗れます。
ちいバス(港区のバス)も乗ろうかなと思った。



2008年05月10日(Sat)▲ページの先頭へ
K―BO―BO−プロジェクト ブラマヨの小杉さん
沖縄のボールドマンさんのブログをチェックする。
進入禁止マークは出ているけど、行く、行っちゃう。
うむ、更新しているぞ♪♪♪
雨上がり決死隊の宮迫さんをリーダーとして、
K―BO―BO−プロジェクトが始まると、貼ってある。

商品説明もあり、読んでいて、ふっと一瞬
「従兄弟に買ってやろうかな?」と思うけど、
シャンプー&コンディショナーで、合計1万円か。
私が「ハゲ出費」して、どうよと思い、
教えてあげるだけにしようと、考え直す。
「1年間で、宮迫の髪はどこまで、増えるのか。
3ヶ月後、宮迫の頭皮は!?
6ヶ月後、宮迫の抜け毛は!?」と書いてあり、
5人のメンバーの、履歴書として、
各人の色々の角度の頭髪健康状態の写真と、
頭皮の写真が出ている。
偉い!勇気がある、の一言に尽きる、感心する。

5人の頭髪と頭皮を、代わる代わる見比べる。
頭皮の脂と、髪の毛の分布図からすると、
ブラマヨの小杉さんが一番かな、重く、やばいのは。
髪の量の多い人は、一つの毛根から数本の髪が生えている。
小杉さんは、毛根が脂で詰まりきっているだけでなく、
一つの毛根から生えている本数も少ない、
元の髪の量も少ない、らしい。
「K-BO-BO-になって、テレビの収録行って全然写らなくても、
ぜんぜんイイですと、たとえ仕事が減ってでも、
薄毛キャラと決別すると宣言。
新しいキャラ「薄毛キャラから毛が生えたキャラ」に、
なってみせるとのこと。

昨日のブログにも書いたけど、
巨漢はエステで痩せようと思わないらしく、来ないし、
髪を諦めている、はっきりとした「ハゲ」も、
当店のヘアエステには、来ない。
頭を支える為の手が「ぬたっ」としそうな、小杉さんの頭皮。
スチーマーを掛けて、脂の吸引したいほどの、小杉さんの頭皮。
ヘアエステをしたら、使用前と使用後が、
白と黒くらい変わるだろうなぁ〜、
面白いだろうなぁ〜、楽しいだろうなぁ〜、
「やり、たいなぁ〜」と指を咥える。
結果が一目瞭然の、頭をしたい、
高き山が好きな、でえくの娘、でした。


2008年05月09日(Fri)▲ページの先頭へ
なんか病
「エステってさ、美人が来るの?ブスが来るの?」と、
男性のお客様に聞かれた。
「ん〜、どうだろう、そんな事、考えた事もなかった。」
あ、でも、何か、何かがひっかる、脳裏に浮かぶ。

はるか、20年近くも前の話だけど、
「生まれて、はっじめて、男の人に褒められたの。
『奥さん、肌、綺麗ですね』って、生まれてからこのかた、
初めてなの、男の人に褒められるの。
女の人からは「肌が綺麗」って良く褒められているけど、
男の人は、肌がどうのなんて、分からないじゃない?
私なんか、男性に言われる事は「太っている」だし、
化粧品会社の社長だからかもしれないけど、
肌を褒められて、嬉しかった・・・、すっごく。
だから私、これからは、フェイシャルに、力入れる!」と、
断言されたことがある。
このお客様は、「継続は力よね〜」で、
ず〜〜〜っと、続けて下さっているし、
イベントの前には、イベントに合わせて、更に力を入れる。
そして、イベント後には「皆に褒められた!」と、
嬉しいご報告を受ける。

「ん〜、自分にまるで自信の無い人は、来ないかな?
男性は、フェイシャルやっても顔の形が変わるわけじゃない!って、
思うらしいけど、ま、整形したようには変わらないけど、
フェイシャル後は、輪郭も顔立ちも肌色も明るくなって違うし、
よ〜し、これで大丈夫、私、いけてるって、自信が付くのよね。
私なんか誰も見ないわよ!って、思っている人は、来ないかな?」

イベント前には、自分を好きになれる、フェイシャル、です。
自信を付けて、満面の笑顔で、お出かけ下さい。


2008年05月08日(Thu)▲ページの先頭へ
ワンポイント、葬祭。
喪主と施主、違いって知っていた?
ただの言い方の違い、同じだと思っていたけど・・・。

ばたばたと動こうとする叔母に、
「叔母さんは施主なんだから、座っていて!」と声をかけると、
違うところから「施主じゃないのよ、喪主なのよ!」と返ってきた。
まあ、賑やかなのですよ、不幸のときと言えども、うちの親族は。
「施主と喪主って、同じじゃないの?」と聞くと、
「お金を払うのが、施主。位牌を持つのが、喪主」と言われた。
でもね、すぐ、忘れちゃうの、どっちがお金を払うんだった?って。
それとね、うちの親族が言う事を、本当かな?の気持ちもあり、
調べてみたわけです、ま、ネットで、だけど。

葬祭の会社が、サイトを持っていて、説明してくれていた。
やはり、お金を払う人(お布施を払う人)が施主で、
遺族の代表が喪主なのだそうです。
便利な世の中になりました、あ〜、すっきりした。


2008年05月07日(Wed)▲ページの先頭へ
王子は〜
「王子は〜」と、友人から写メールが届く。
開けてみると、
発見!有楽町で〜



青山、飯倉、有楽町と3作見たけど、
3作のなかでは、この「暗くて見えない」が、
一番、あははで、気に入っている。
さてさて、渋谷、新宿は、どんな方向で来るのでしょうか。
わくわくしながら、王子の看板を探して、流浪する。


2008年05月05日(Mon)▲ページの先頭へ
kanyou's
世間様は、4連休、お客様皆さまはお出掛けして、店は暇。
床掃除、ワックス掛けをと思っても、お空は雨模様。
ならば、観葉植物をいけ替えしましょうと、する、した。
結果、なんだか少しだけ綺麗になった。
記念撮影をぱちり。
撮った写真の中に、ガラスの向こうに・・・人が映っている。
えっ、心霊?あ、私だわ。
んで、カーテンを閉めて撮り直す。



又、来年の連休も、活け替えかも知れないな。


2008年05月04日(Sun)▲ページの先頭へ
白馬の王子様、青山&麻布台編
MAX MARAの前に立って、信号待ちをしていると、



の看板がある。
意味は、言いたい事は、分かる気がするけど・・・、
もぅちっと、まとめてほしい文章かなと、
あ〜〜〜、作者の方へ「ごめんなさい」m(__)m

麻布台、外苑東通りを歩いてロシア大使館を過ぎて、
飯倉の交差点近くに、



の看板が、あれ、青山にあるのと、同じ会社の看板だ!!!
と言う事はなに?え?王子様は、飯倉から外苑東通り、
六本木通を通って骨董通りに入って青山に行き、
更に246に入って、渋谷に向かっているのね!
渋谷にも、きっと、お仲間看板がある、と確信している。
246のままかしら?その先は、どこなのかしら?
秦野?ま、違うとは思うけど。

あ〜、知りたい、とっても、知りたい。何と書いてあるか、
連休明けには、渋谷の看板を探したいと、思っている。
でもね、王子様は探してもらえるらしいけど、
お姫様は探されていない・・・らしい。
「世界最大の恋愛・結婚のマッチングサイト」は、
姫は多いけど、王子様はいないの、かしら、ね?

探してもらえない、元姫?・・・、まさか・・・でした。


2008年05月03日(Sat)▲ページの先頭へ
新旧交代マッツーからピンキー
松葉杖をついて電車に乗っていると、席を譲られてしまう。
譲って下さる方も、疲れているだろうにな・・・と、
申し訳ないと思っている。
が、ビルの出入口がスロープなので、
怖くて杖をつかずには、出られない。
精神的に「転ばぬ先の、杖」が欲しい。
杖、買うか〜と、幾らくらいするんでしょと、
ネットで検索すると、あ〜ら、意外に安いじゃない。
さらに、折り畳みタイプもある、ばっちぐぅ。
普通のタイプと、スリムタイプ、
又、重さや折り畳み時の長さも結構違っている。
ふうん、と、とめどもなく見ていると、とめどもなく出てくる。
爺っちゃんくさい、茶色や黒は嫌だわと流し見していると、
大柄、小柄の、総花柄の、色とりどりの派手な杖が出てきた。
じっちゃんくさいのも嫌だけど、
ん〜〜〜、派手派手も、嫌だわ〜〜〜。

結局「スリムタイプ19ミリ」で「折り畳み」
尚且つ「高さ調節ができる」、茶色・黒を除いた無地で、
ネットショップの名前を覚えるくらいに、繰り返し、探す。
レビューを読み、良いなと思うと「欠品」「売り切れ」

見つけたのが、高校時代の友人の、
「ばっっっか、じゃないの、そんなの買って!」の声が聞こえる、
ピンキー、どピンクの折り畳み杖。



ワンポイント自慢としては、グリップからゴムまでも同じ色は、
とっても少ない。
本体とグリップが同じ色でも、ゴムの色は、殆どが黒色、です。
おまけに、送料700円よりも安い、商品代金でした。

ほほほっ、お洋服の色に合わせて、コーディネートできるように、


ピンクとシルバーを揃えてみました。
如何でしょう?


2008年05月02日(Fri)▲ページの先頭へ
月島VIRGOビール
怪我をするまでは、「浴びる」と形容されるほどに、
「ヘビーユーザーだから、感謝状、来ない?」と聞かれるほどに、
ビールを飲んでいた。
私の飲んでいた分の売り上げが減っているわけだから、
この半年で、「麒麟」の売り上げは確実に落ちている筈だ。
大丈夫か、麒麟!

ならず者のお土産で貰った、地ビール「月島」
瓶が勝鬨橋のイラスト、綺麗なので、ぱちり。



色は褐色に近い、ですね。



ホップがかなり効いていて、苦みが薄く、
柑橘系の後味が残るビールです。
まあ、地ビールだから、いつもの麒麟やエビスとは、
まるで趣が違うので、ビール好きは好まないかも知れないけど。
ま、経験と言う事で、了承です。

ネットで「月島ビール」で検索すると、
感想は「地ビールだから、個性があって・・」うんうん、そうそう、
「月島の路地がイラスト」って、違うじゃない!とみると、
出てくるのは違うイラストの「月島路地ビール」だった。
こちらもラベルが可愛いのだけれど、探しているものとは違う。
埼玉産だそうですが、
「ベルギービールの、味、云々」とあり、
ああ、そうか、ベルギービールに近い味なんだと、
かつての味を思いだした。

再度、「月島VIRGOビール」で検索すると、
ヴィルゴビール
東京都墨田区。ビール製品や卸先の紹介。が出てきた。
でも、勝鬨のイラストじゃないの。
綺麗にラベルを剥がせないとは思うけど、
今、瓶を捨てようか、取っておこうか、どうか、で、悩んでいる。


2008年05月01日(Thu)▲ページの先頭へ
臨時休業のお知らせ
誠に勝手ながら、m(__)m
5月7日(水)は臨時休業とさせていただきます。
通常の定休日5月5日、6日と、臨時休業の7日が、
「エックスデー」の為、休みとなります。
ご了承下さいませ。

 青山全身美容室


   


大工と書いて、神奈川県の大工の間では、「でえく」と読みます。
「おとっつぁんは、でえく、にいちゃんは、じゃり屋、娘は室内土方のエステェティシャン」
このページは、由緒正しきガテン系、
まごうことなき筋肉質のエステティシャンの独り言、
呟きのブログです。

【プロフィール】

エステティシャンになって32年。湯船に浸かりながら、
膝を使ってマッサージの練習をしたのが、昨日のようですが・・・。
青山・表参道で働き始めて29年。
途中、艱難辛苦を乗り越えて、
美容師免許取得。
B型、さそり座、

お陰さまで、o(*_ _)o
青山全身美容室は、
2016年11月で25周年を迎えます。

青山全身美容室・本家

フェイシャル専用 
青山全身美容室


新設ブログ 素肌美人.net

ナボカル、ジェナティック化粧品の、サンプル&通販を始めました。


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年5月
       

アーカイブ
2006年 (90)
6月 (6)
7月 (10)
8月 (14)
9月 (9)
10月 (19)
11月 (15)
12月 (17)
2007年 (289)
1月 (10)
2月 (15)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (30)
9月 (25)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (31)
2008年 (367)
1月 (31)
2月 (30)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (34)
9月 (31)
10月 (33)
11月 (28)
12月 (37)
2009年 (369)
1月 (29)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (29)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (32)
11月 (31)
12月 (34)
2010年 (369)
1月 (32)
2月 (30)
3月 (32)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2011年 (363)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2012年 (366)
1月 (32)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2013年 (362)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (29)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2014年 (364)
1月 (30)
2月 (28)
3月 (30)
4月 (31)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2015年 (363)
1月 (30)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2016年 (365)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (32)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (30)
11月 (30)
12月 (31)
2017年 (175)
1月 (32)
2月 (28)
3月 (30)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (24)

アクセスカウンタ
今日:233
昨日:6,028
累計:7,115,872