でえくの娘、職人エステティシャンの独り言 - 2009/11

でえくの娘の独り言

2009年11月30日(Mon)▲ページの先頭へ
表参道イルミネーション
隠田商店街を目指して、表参道ヒルズを通り抜けると、
何やら、すごい人だかり。
何だろうと辺りを見ると、
受付があり、若い女の子がいる。
「何ですか?」と聞くと、
「イルミネーションです」
「あれは、明日からじゃなくて?」と聞くと、
「点灯式が始まるんです!」

人の波をかき分けて、隠田商店街でお買い物をして、
帰ってくると、まだ点灯していない。
「あと、1分を切りました」と言われると、
点灯の瞬間を、イルミネーションを見たいなと、
見てから帰ろうと、「10、9、8・・・」と待っていた。

「点灯です」の声と共に、
ぱあああ〜〜〜っと、明るくなった瞬間に、
「わ〜」の感嘆の声が聞こえ、知らずに私も「うわ〜」と言っていた。

信号を渡りながら、原宿駅方向、表参道駅方向、
どちらにも続く灯に、
「やっぱり、綺麗だわ」と呟いていた。



表参道、光のおもてなし、イルミネーション。
青全は、明日から、「冬のおもてなし」が始まります。





いんちきシュシュを作ってみた。
髪を上げる事と首筋が寒く、
又、髪が長くなりすぎて、夜会巻きでがっつりと止めると、
頭皮が緊張して辛くなる。
で、髪ゴムで括るだけになったりも、する。
ん〜、ちょっと、いけないわね、お洒落じゃないし。

あ〜、何か作りたい病も始まっていて、
シュシュの作り方をネットで探した。
「簡単、そ〜」余り切れを探すが、適切な物がない。
ハンカチを利用して・・・と書いてあるけど、
薄手のハンカチの手持ちは殆どなく、
あるのは着物用、和柄のハンカチのみ。
チカチカッと脳裏に閃くのは、
「若い頃に買った水玉のシルクのリボン」




生地はもっと幅広が良いのよね、でも無いし。
幅の狭さを、長さでカバーして、
でも、これに髪ゴムを通せば、できるでしょ。

出来上がると余り可愛くないが、




丸めると、こんな感じ、です。



シュシュって、フランス語で「お気に入り」の意味と書かれていて、
本当のシュシュを手に入れるべく・・・、
端切れを買いに行くか、使っていないスカーフを探すか、
どちらが早いか、な。


2009年11月29日(Sun)▲ページの先頭へ
知っている、よね?言い忘れ・・・
「知っている、よね?」に書くつもりで、忘れていた。

私、この季節のクレンジングは、
グリコを塗って、汚れを浮き立たせるようにマッサージして、
ウエットコットンで拭き取りを繰り返す。

グリコ→拭き取り→グリコ→拭き取り→水洗顔

コットンにメイク&汚れが付かなくなったのを確認してから、
頬、目の下の頬骨をきつく擦りすぎないように、
手をお水を掬って飲むように丸めて、水洗顔をしている。
顔は平面ではないので・・・。
その後、タオルで顔の水分を拭うが、
拭くというよりも、水分を吸わせる感じで、タオルを顔に当てる。

朝は、グリコ→水洗顔→ペーパータオル

何故、朝だけペーパータオル?
夜は、お風呂でクレンジングをするからという、
え〜、ただそれだけの理由です。
勿体ない?
いえいえ、顔を拭いたペーパータオルで、近辺を掃除するので、
勿体なくは無いです。

本日のポイント:

洗顔は擦りすぎないように手は丸めて洗う。
タオルは、水分を吸わせるように当てて使う。

です。


宜しければ・・・、
肌別・季節別のクレンジング&洗顔



フェイシャル・青全 サイト更新!
素人の知恵の無さ、悲しさで、後からカレンダーやら、
ブログやら、付け足し付け足して・・・。
整列&整頓が好きなくせに、きちきちっとが好きなくせに、
トップページがごちゃごちゃになっていた。

遅いけど・・・、遅すぎるけど、ようやく気が付き、
ここの隙間に、これを入れて、あの隅にはこれを入れて、
整理整頓して、ゆーざびりてぃ。
リフォームかな、リニューアルかな、
なんて言うのが正確なのか、良くは分からないけど、
トップページ&各ページのメニューリンクを更新しました。

あくまでも、今までどおりの「素人づくりHP」です。
洒落ても、垢ぬけても、おりませんが、
使い勝手は少し良くなったと、
見えるところに、手の届くところに、引き出しを付けました。

「写真メニューは、ダメ!」と言われても、頑固ですから貫きます。

勘で動く、獣のB型だからでしょうか?
「写真出せ!写真!」と思っている、ので。
本の活字は大好きですが、画面の活字は読みたくない。
勉強や仕事ならいざ知らず、まだ我慢して読むけど、
私は字ばかりのHPなんて、勉強以外見ない読まない。
写真にマウスを当てて、くりっくぽん!が好きで、
ENTER〜や、ひらり〜〜んの、フラッシュが嫌いなので、
本人同様の、色気のないサイト構成となっております。

一目では見渡せませんが・・・、
ちょっとだけスクロールして下さると、用は足ります。

「字が小さくて見えない!」と言われないように、
お洒落とは程遠い、大きな字で作りました。
ご覧いただければ、幸いです。

フェイシャル・青山全身美容室







ヴィーナスパンツ、その後
以前は、平生地の白のワンピースを着て仕事をしていた。
10年位前までかな、定かではないが・・・。
新規のお客様の時だけでも、ちょっとコスプレで、
ワンピース着ようかなとも思うけど、着てもみたりするけど、
2秒で「あ、ダメ」と脱いでしまう。
フェイシャルのマッサージと言えど、
私のマッサージは品のない「あ、どすこい」マッサージ。
平生地は私の動きについてこられず、肩部分の生地が攣ってしまい、
私の肩を拘束する。
我慢して着続けていて、私は、箸を持つのも辛くなった時があった。
ボディに至っては、がっと腰を落として踏ん張るので、
いつの間にかスカートのスリットが倍の長さに、深くなっていた。

床の拭き掃除は、手に雑巾を持って屈みこんでしているが、
この態勢は太ると辛く、そして結構体力を消耗するので、
「痩せたいなら、歩け&床掃除をしろ!」とも思っている。
ヴィーナスパンツを履いて拭き掃除をしていて、
縦伸び横伸びしてくれるので「腿が、あ〜楽だわ」と、
感じてはいた。
が、更に痛感したのは、ペディキュア。
爪や足裏のお手入れは、慣れているのでどうという事もないが、
絵を描く時に一番描きやすい態勢、安定する態勢を探して、
立ったり座ったり、中腰になったりする。
どんな態勢でも、ヴィーナスパンツは、
体にぴったりと付いてきてくれる、体を締め付けない。
前のパンツも楽ではあったけど、中腰が楽ではなかった。
見た目が良くて買ったけど、
室内土方のエステティシャンには、肉体労働者には、
ヴィーナスパンツ、最適でした。

次はおめかし用に、汚れないお仕事用に、
お洒落な白を買います。


2009年11月26日(Thu)▲ページの先頭へ
知っている、よね?
自分が知っているから、あたりまえ〜に知っていると思ったら、
存外知られていない事もあるらしい。

ハンドドライヤーで手を乾かすと、手の皮膚が乾燥する、や、
スチームタオルで顔を拭くと、
お湯で顔を洗うと同じに顔の皮膚が乾燥&ピーリングが掛る為、
私は、例外を除き、スチームタオルをお顔には使わない。

「日中ハンドクリームを使うと、筆記具が持てなくなるから」
と言われて、何故?と思った。
私は、ベタベタのアロイズクリームを、
手の甲に付けて手の甲のみで擦り合わせて、
浸透させ、手の平には付けない、から。
洗い物の時には、ハンドクリーム&綿の手袋&ゴム手袋。
綿の手袋は、毎日洗い替えれば、菌の繁殖は無い。

地赤黒の肌の人だけでなく、色白の人でも、
洗剤で手の皮膚が、厚く赤くなっていく。
「ほら、すべすべでしょ!」と見せられても、
「赤手」の主婦の手になっている。
主婦の方でも、食器洗い機を使っている人は、
手を見れば分かる、この「赤手」にならない。

綺麗を保つためには、努力と知恵、です。


2009年11月25日(Wed)▲ページの先頭へ
キャットストリートの糠漬け
「い〜い、何があってもソルビン酸K、
これが入っているものは、買ってはダメ!!!」と、
知恵袋に言われている。
従順と言う言葉は、実に私には似合わないが、
知恵袋には従っている。
「食べたいな〜」と思っても、裏を見て入っていると・・・諦めて、
棚に戻している。

合成保存料・着色料等の、食品添加物は、
1年間の摂取量で、どれが正しい数字なのかは分からないが、
1人平均4kg、5kg、13Kg24kgとも、聞いた。
鯵の開きだってちゃんと裏を見ないと、酸化防止剤の記載があります。

ソルビン酸K:保存料
サラミ、ビーフジャーキー、安いワイン、お漬物に多く入っている。
嘗ては「岩下の新しょうが」にも入っていたが、
最近は入らなくなっているので、安心して買っている。

骨董通りのパン屋さん「木村屋さん」も、
その日に作ったパンを売り切りのお店で、
保存料を入れる必要もないし、
美味しく、お昼時には行列待ちで歩道が塞がれる。
アンデルセンでパンを買っていると、驚く値段の安さ。

キャットストリートの途中、
「隠田商店街」のなかにある八百屋さんで、
「自家製糠みそ漬け」を売っている。
今時の減塩+保存料ではなく、王道のぬか漬け、で、
これが美味しい、実家の糠みそ漬けの味。
売り切れなければ、蕪、大根、きゅうり、人参の4種類で、
特にお気に入りは、蕪。
葉っぱも美味しいので、合わせて納豆も買って、
実を食べた翌日には、葉を刻んで納豆に入れて食べる。

高血圧でない方へお勧め、
多分皆、1個100円、の、筈です。


今週のでえく
さあて、自慢しましょっとカテゴリを選ぶと、
まあ〜〜〜ったく、行き当たりばったりで、
ブログを作ったせいで、
カテゴリがきちんと分類されていない。
今週のお花、や、今週の手芸はあっても、
今週のでえくが、カテゴリにない。
何故、作らなかったのだろうか?
仕方がないので、独り言に入れる。

天井が高く、3方向に窓が空いているので、
夏の間は、涼しかった。
だが、エアコンが玄関に向かって付いているので、
冬場は暖かい空気が玄関方向に流れる。
そっちはそんなに暖かくなくても良いの、
エステルームを暖めたいのよね。
で、玄関方向の上部を塞ぐことにした。

コンクリート打ちっぱなしだから、釘が打てない。

つっぱり棒で、暖簾を掛ける?嫌だ、うっとおしい。
つっぱりロールスクリーン?
上げ下げの度に、バーンと反発して落下の危険性が大、
なお且つ注文すると、とても高くつく、嫌だわね。

ネットで何か知恵がないかと探していると、
「わけあり、激安商品」
黄色のプリーツスクリーンが出てきた。

店内は白で統一しているが、差し色に黄色を入れている。
ぴったり、ぐう〜。
でも、どうやって留めるかで、
又又、ぐるぐる廻って、
「ワンロック、つっぱりカーテンレール」に出会う。

洗面所のつっぱりカーテンレールは弱いが、
これは、ロックが堅そうで良さそうと思うが、
でも、実物を見てみないと何とも言えない。
ネットではなく、店頭販売で買いたいと、
多分、絶対に売っていないであろうハンズに出かけた。
無いよね、絶対にないよねと、探すと、
隅に目立たないように、売られていた。

ちょっと、大変だったけど、突っ張りは見事に成功。
更に、プリーツスクリーンをはめ込み、
よいしょっと天井まで持ち上げる。



圧迫感もなく、邪魔にもならず、大成功。




落下防止のために、お客様には触らせない事にする。



2009年11月23日(Mon)▲ページの先頭へ
18年、崖の上・・・
自分の誕生日に店を開けたので、開店の日は忘れない。
昨日は、私の誕生日でした。

開店時に、「どのくらい運転資金持っているの?」と聞かれ、
「まるでないです。足りなくなったら、借ります」と答えると、
「あ〜ら、草野さんったら崖っぷち?」と言われて始めた店です。
2時間ドラマの帝王、船越さんよりも長く18年、
崖の上におりますが、
無事開店18周年を迎えられました。

カサブランカを飾るために、大ぶりな花器を探していて、
バカラのフラワーベース20万を見つけ、
「開店20周年のお祝いに、買っても良いかな」と思ったのは、
何年前でしょうか?
後2年で、20周年になりますが、
今?今はバカラを買う気はありません。
+20万円で、落としても壊れない、
ル・コルビジェの椅子に走ります。

開店から、18歳年を取ったのですが、
これからも、「老化と共に進化する」を貫きます。
お引き立てのほど、お願い申しあげます。

青山全身美容室 草野智子


2009年11月22日(Sun)▲ページの先頭へ
粋でしょ?成城石井 ポルボローネ
「なんの気なしに買って食べたら、美味しかったので」と、
戴いた焼き菓子成城石井の「ポルボローネ」



あ、食べた事ある、知っている知っている、
そうそう、アーモンドで作ったスペインの伝統菓子。



美味しいよね、でも、
こんな言いにくい名前だったのね、「ポルボローネ」
いままで食べたものとは少し感じが違うのは、
和三盆のせいでしょうか。
ほろほろっと口の中でほぐれて消え、
和菓子の雰囲気が漂います。

最近、「抹茶入り玄米茶」を、お抹茶茶碗で戴いています。
隣に、そっと「和三盆のポルボローネ」
粋でしょ?



秋から冬へ 表参道
今は表参道を歩いていると、枯れ葉で滑りやすい。
お店の人たちが必死になってお掃除しても、
嘲笑うが如くに落ちてきて、更に風に舞う。

表参道のイルミネーションが12月1日から復活する。
始まりは、1991年、と言う事は青全の開店と一緒。
人は集まるが汚れるだけ、地域の住民が迷惑するだけで、
売り上げも伸びないし活性化にもならないと、
廃止されたのが、1998年、11年前の事。

友人が来た時には、原宿まで見ながら歩いた事もあったけど、
慣れてくると、余りの人の多さにうんざりして、
「あ〜、綺麗だね」とちらっと見るくらいだったね。
12月24日は、圧巻。
ディーラーさんの配達が渋滞に巻き込まれ到達できず。
「クリスマスは、車で表参道は、無理だから」と諭した。
でも飽くまでも、対岸の火事だった。

何で今更、何故今頃、復活とは思う・・・けど。
今は、六本木ヒルズもミッドタウンもあるし、
嘗ての様には混雑もしないだろうし、
分散されると思う、思いたい、思いこむ。
あのころは「木、傷まないのかな?」と心配だったが、
傷んだ木には装飾しないし、LEDだからエコだとも、
書かれていた。

秋から冬へ、
葉の落ちた木が光のお化粧をして、表参道が灯で暖かくなる。


2009年11月20日(Fri)▲ページの先頭へ
嵐の本当にプレミアムナイト
「今日、日勤の子がディズニーの嵐のコンサートに行くので、
何が何でも私は帰りますって、宣言していました」
「え?当たったんだ、それって凄いよね!」
「知らなかったから、幾ら?って聞いたら、
招待だから無料ですって言われて・・・。
あ、でも、オークションには最高35万で売りに出ていたって。」
「そうか、オークションか〜」
「即決20万っていうのは、直ぐに売れたって。
だから、周りから売れって散々言われていましたよ。
そのお金で、どれだけ遊びに行けるかって言われて。」
「どれだけ応募したんだろう・・・」
「10枚しか出していないって、10枚しか、
って言っていましたからね。10枚しかって。」

10枚応募ってことは、20箱、
バーモンドカレーの大箱を買ったっていう事で、
私は3箱買って、1箱使っただけで脱落した。
なぜなら、大箱を買わなくてはいけないのを知らないで、
普通のサイズを買ってしまったので・・・。

「20万、ぽ〜んと嵐のコンサートにつぎ込むって、
一晩につぎ込むって、嵐のファンって凄いですよね。」
「ジャニおたのお客さんからの聞いた話では、
嵐の上海だったか韓国のツアーだったかは、
結構高額なんですよね。でも行く人がいるのだから、
出す、出せるっていうことなんでしょうね。」

「嵐 プレミアムナイト オークション」で検索すると、
皆、20万円以上で落札されている。

本当のプレミアムナイトです。


根津青山の茶の湯
「ねえ、行って欲しいところがあるんだけど・・・」と、
「利休に尋ねよ」を貸して下さったお客様に言われた。
「どこですか?」と返すと、
「根津美術館」
「ん〜行きたいのは山々なんですけど、
今は、庭を見るだけでも入館料が必要でしょ?
見るつもりのない展示で、1200円は払いたくないから、
興味のある展示待ちですね。もう、お出掛けになったんですか?」
「まだ行っていないから、様子を見てきてもらおうと思って」
「う〜ん、庭だけではお金は払いたくない。」

休館して建築中だった根津美術館が、10月にOPENした。
骨董通りに居た時には、いつでも行けるといつも行かなかったが、
「休館中」となると行きたくなり、OPENを待ち望んでいたけど、
でもねぇ〜。

昨日から、「根津青山の茶の湯」が展示となり、
18日から18日からと、頭に刷り込み、
両替ついでに脚を伸ばして行ってきた。

結果発表
庭:お茶会の時にしか行った事がないせいか、
「え、こんなだった?」と、
茶室が寒く感じられ輝いていない。
人がいて、茶会あっての茶室だなと痛感した。
ポリバケツのゴミ箱は、隠してほしい。
展示:初日で人が多く、庭を見てから展示を見たが、人があまり切れない。
集中力がないので、隣で会話されると頭に入らないので、
人の少ない方少ない方へと、反対回りをしたりしながら見て廻った。
あれほど大量の茶道具を一度に見た事もなく、
水指や茶碗は元より、今まで気にも留めなかった茶杓。
比べて見ているとあらあら、
様々な形をしていて、結構形が違うのだなと、認識を新たにした。
しばらく見ていると「あ、あれは、朝鮮!」と、
クイズじゃないけど、時代や出生が見えてきて。
2階の「雪見の茶」の展示も面白く1時間充分に楽しめた。
総合評価は、見に行って良かった。

しかし、ひとつ気になっていたのは・・・「spoon」&「scoop」
茶杓の英語表記、
1Fの表示では「scoop」と書かれていたが、
2Fの表示は「spoon」と書かれていた。
さて、どの様に違うのか?
店に戻って一番に英次郎で調べた。

scoop
1. ひしゃく、すくいさじ、スコップ、小シャベル
2. ひとすくい(の量)
3. 〔アイスクリームスクープなどで取り分けた〕半球形の食べ物
4. 特ダネ、耳よりな話、情報
5. スクープ◆デザイナー・ドラッグの一種で、
正式名はgamma hydroxybutyrate。

Spoon

1. さじ、スプーン
2. スプーン◆魚釣りに用いるスプーン型ルアー
3. =number 3 [three] wood、3-wood
4. 〈俗〉ヘロイン16分の1オンス、麻薬吸引[注射]器

まあ、分からないので、どっちでも良いかとの結論になった。


2009年11月18日(Wed)▲ページの先頭へ
渋谷の鯛焼きもどき
渋谷のハンズに用があって自転車で出かけた。
考え事をしながら歩いて駅に向かう途中で、
「あら、私は確か、自転車で来た筈だ・・・。
あれ、自転車はどこ?」と思い出し、ハンズ方向へと向かう。
途中で激空腹の体は甘い匂いに惹かれ、見上げると・・・、
「鯛焼き」正確に言うと「鯛焼きもどき」
若い娘さんたちや、息子さんたちに混じり並ぶ。
3人連れの娘さん達は、「アップルだよね!」で意見がまとまり、
後ろの息子さん一人は「やっぱ、王道の餡子でしょう!」と言い、
「じゃあ、俺、チョコカスタード!」
「お前、半分貰えると思っている?やらないよ」などと、
ほほえましい会話をしていた。
そして私は、チョコカスタードを買い、
下品にも、はふはふと食べながら歩いた。
猫舌なので、ちょっときついの、熱いものは、
ましてカスタードが上顎にへばりつき〜、
はふ〜と顔をあげると、目に飛び込んできたのは、

BOOK OFF の看板。

知らぬ間にBOOK OFF が渋谷にできていた。
何故、気が付かなかったのかと考えると・・・。
西武のA館とB館の間を入って行っても、
道玄坂寄りなので看板が見えない。
渋谷駅から、センター街を入らないと見えにくいし、
常に、目的に向かってまっしぐらの私には、
見えなかったのかもしれない。
そっか、この鯛焼きもどきは、BOOK OFFに、
出会うために用意されていたのだと、
「人生に偶然は無いの、必然あるのみ」の運命論者の私は、
思っている。


2009年11月17日(Tue)▲ページの先頭へ
頑固者&
AMAZONで本のレビューを読んでいると、
あ〜こういう言葉あったよねと、
世間で使われにくい、自分でも忘れていた言葉を思い出す。
例えば?
「浅田次郎はあざとくて嫌いだが、蒼穹の昴は傑作だと思う」
と書かれていて、私も浅田次郎は嫌いだが、
蒼穹の昴は確かに傑作だと思うので、
「うんうん、そうそう」と思いながら、「あざとい」がインプットされた。

先日読んだ本の中に、頑固者という表現があり目が止まった。
これって私だ、頑固者だわ、私。
頑固者、一刻って言う言葉もあったよねと、
「いっこく」と携帯のメモの忘れないようにと入れようとすると、
「一刻」と変換ができないので、
「現在使われておりません」のアナウンスが流れる、
使われにくい言葉と再認識した。

「頑固者、一刻」昭和の香りが漂うこの言葉が、
変わり者&一匹狼に追加されることになった。


2009年11月16日(Mon)▲ページの先頭へ
美溶液信仰 /水溶性物質の限界
クレンジング後、顔に付ける物は最小限度の数にしています。
フィブロ(化粧水)を何度も付け、
最後に目&頬を中心にシンクロ(クリーム)を薄く塗り、
季節によって+ニュークレア(クリーム)を足します。

皮膚にはバリアゾーンがあって、
一定量の水分しか通過はさせません。
化粧水を何度も付けたからと言って、
付けた化粧水全部は真皮までは届きません。
肌に塗布した化粧水がぜ〜〜〜んぶ真皮に届くのであれば、
顔は肥大しますし、又、お風呂に入ったら、
体がバスタブの形になり出られなくなります。
バリアゾーンを通り抜けて届くの水溶性物質は顔で0.03cc、
これが、油溶性物質になると10倍の0.3Gになります。
油溶性物質の10分の1、これが水溶性物質の限界で、
化粧水はあくまでも、角質層を潤わせることになるだけとなりますが、
角質層を潤わせた肌はきれいに見えます。
栄養分を真皮に届かせるため、
又、冬場は肌からの水分蒸発を防ぐためにも、
油溶性物質、クリームは有効となってきます。

高価な美溶液を1回付けて満足する前に、
角質層を潤わせる化粧水の使用をお勧めします。


淡水真珠で、
顔も、顔のパーツも大きいので、
可愛い洋服&小さなアクセサリーが似合わない。
真珠屋さんに貰った、小さな淡水真珠のネックレス。
お年賀か何かで、一律に配ったのだとは思うけど、
どこをどうしようにも私には似合わない、
「鏡が止めなさい、似合わないので外しなさいと言います」
シリーズ、無理すぎる。
誰かに使ってもらいたいなと思っても、貰った方が迷惑、
これは喜ばれないだろうと、引き出しの中で熟睡していた。

ギャルギャルの店で仕事着のTシャツ、白&グレー&黒の3枚を買った。
その黒Tシャツを、運気を上げるために残り物のビーズで刺繍をした。
これは、着ていると褒められる。
褒められると良い気にもなるし、又、何か作りたくなって、は、いた。
そこ、へ、お隠れ遊ばしていた淡水真珠のネックレスを発見。
白は汚れが目立ち短命なのでいじるつもりは無かったが、
グレーならどうかしらと載せてみると、良い感じ。

た〜だ、かっちりと糊づけされて組まれているので、
ばらすのが大変、ん、じゃあと言う事でそのまま縫いつける。



このTシャツを捨てる時は糸を切り、
再度の利用に耐えられるように、クラスプまでも縫いつけてみた。



さて、次は何を作ろうか。


湿度を上げる。
足湯くんは使わないので、バスタブの中に居た。
あら?と見ると傾いているので、
「よっしゃ、壊れた!これで棄てられる」と出して見ると、
何の事は無い、ねじが外れていただけの事。
さすが高級品だもの足湯くんは、壊れないのよね〜と、
くりくりとドライバーで締め直す。
折角だからとお湯を入れて、動作確認をした。
入れたお湯の温度は、38度。
目盛2で保温すると、何度くらいになるのかなと放置し、
3時間後、38度は保たれていた。
「ん?喉が乾かない、寒くない、ね」
以前、実家用にと売るつもりもなく仕入ると、
お客様が気に入られて、お買い上げ。
「冬中は部屋も温まるし、加湿器代わりに使っている」と、聞いた。

お手製のキャスター付き植木台に乗った足湯くんは、
加湿暖房器として、第2の人生を歩むことになった。



儒教の教え?「ジェナティック」
良い物だから売れるなんていうのは、幻想。
表生地は良くても、ユニクロの1万円台のコートよりも、
薄い、ペッラペラの裏地を付けたコートが、
高級品として、何十倍もの値段で売られていたりする。
仕立てが匠ではなく、宣伝の匠の効果でしょうね。

ディーラーさんから、
「12月1日2日で、ジェナティックのセミナーがあって、
本国からインストラクターが来るのに、
人が集まらないんじゃって、営業さんが・・・」
と電話が入った。
「まあ、全然営業に力入れていないの、だからね」
「そうなんですよね、あ、でもね、韓国では人気なんですって!」
「あら、何故かしらね?
でも、ジェナティックのセミナー久し振りだから、行きま〜す」と、
電話を切った。
今年は、CARITAの実技セミナー&お土産付き商品発表会と、
続けざまにあり、エステの化粧品業界も、
売上向上のためのテコ入れって言うのが多いらしい。

儒教の教えで、韓国では知らない異性に笑いかけるのは、
「ふしだら」とされていて、
昨今の韓国では「第一印象が、最悪だった」から始まる、
ドラマが人気なのだとか、聞いた。
だ・か・ら?第一触感最悪のシンクロが人気?

韓国ドラマでも、儒教の教えでもないけど、
武骨で、無愛想なジェナティックに、
決して第一印象の良くないジェナティックに、

私は、惚れている。


VIAGRA
最近は、営業電話が入らなくなったなあ〜と油断していたら、
昨日は3回、電話が入った。
1・2回目は、お客様に用意してあるフリーダイヤルで、
初めての会社から「お世話になっております」と入り、
ハリセンボンの春菜ちゃんが私に乗り移りかけて、ぇ〜、
「世話してないよ!」と、突っ込みたくなったが、
ごっくんして、「広告はしておりませんので」と切った。
3回目の電話は、ようやく普通の電話に、
「はじめまして・・・」と普通に挨拶された。

セカンドのメルアドに、英語のいわゆる迷惑メールが並んでいる。
ファーストメルアドはとっくに迷惑メール設定を施していたが、
セカンドは、設定していなかった。
英語なので、英語すいっちぽん!としないと、
見ただけでは日本語の様には、理解できないし、
電話の様には、仕事の邪魔をされないので放っておいた。
今までは、英語だけで件名も見ないで棄てていたが、
余りに多い同一件名に?と思って読んでみると、
「VIAGRA 80%OFF」
VIAGRAって、あのバイアグラって、あの治療薬よね?

少しは知恵が付いてきたので、
メッセージルール「指定された言葉が入っている件名は削除する」
に、「viagra」と追加する。
次は人間の名前ですらないサードが狙われるか、
はたまた、違う語句で来るか。
いたちごっこは続くのだろうな。


トップページの歯列矯正
歯は「硬くて虫歯には縁がない歯」と言われるが、
並びが悪く、歯槽膿漏になりやすいと、
歯茎に負担が掛って、歯が無くなるよ、言われていて、
10年以上前に、歯列矯正をした。

半端な歯並びではなく、
一言で言うと「下品な乱杭歯」なのですが、
まるでコンプレックスにはなっていなかったので、
「がはっ、がはっ」と平気で口をあけて笑っていた。
良くコンプレックスにならなかったなと、
あのみっともない歯で、平気で生きていたなと、
今では不思議に思う。

そして・・・。

あんなみっともないトップページを、
何故、気が付かなかったのかなと、
良く、恥ずかしくもなく、出していたなと思っている。
情報を整理して、
フェイシャル青全のトップページを改造している。
ゆーざびりてぃ、を考えて、
もうじき、するするっと画面に収まる、
コンパクトサイズで、新登場です。


女子3K
最後に勤めていた店は、経営者がお客様に厳しかった。
予約時間に遅れてご来店の際は、
「ご予約時間は、守ってくださいね!」と、
はっきり、きっぱりと言っていた、ん、叱っていた。
遅刻常習者のお客様は、経営者と対峙すると叱られるので、
目を合わせないようにフロントを駆け抜け、
エステのある3階まで駆け上がっていたので、
何時も息を切らしていた。

自分で始めてからは、予約時間も自分で設定できるので、
「遅れてくるお客様、時間」は+15〜30分
「早く来るお客様、時間」は、−15分
「ぴったりと、時報に合わせて来るお客様、時間」で、
3つに分けて、設定している。
「絶対に遅れて来るから大丈夫!」と言い切っていたのに、
時間通りにいらして・・・、スタッフに、
「天変地異、ですか?」と嫌みを言われた事もある、んが。

今、読んでいる中島たい子さんの小説「建てて、いい?」は、
30代半ばの独身女性が主人公の物語。
勤める雑貨輸入会社の会議の中、社長で、且つ従姉が、

「3K、きれい派、かわいい派、かわってる派、
女の子はこの3つに分かれるの。
だから、彼女たちが求めるこの3Kを押えときゃい〜の」

の文章を読み、
きれい派、かわいい派は良く言われる事だけど、
かわってる派の3Kか、と、思わず栞を挟んでおいた。

きれい派にも、かわいい派のどちらにも属さない私としては、
かわってる派という分類に自分の居場所を見つけ、
ちょっと安堵の胸を下している。


年間?通年?キャンペーン情報
増える手数、減る体力、でも、やりたい。

当初は、背面トリートメントではなく、
背中のトリートメントだった。
その当時仲良くしていたブティックから電話が入り、
「店長がドイツ出張から帰ってきて、腰が痛くて、
動けないんです。どうにかしてください!」
「あ、あの〜、私は、医者ではないんですけど・・・」
「今から行っても良ければ、これから行かせますから」
「あの、いや、医者じゃないって・・・」で。

まあ、店のソファで寝ているよりはと、
背中のマッサージをしようとして、
「そうだね、脚だわ」と、背中を温め、
長い航空時間で浮腫んだ脚を、
G5で緩ませ、オイルでマッサージした。
「そうよ、脚よ」で、それから、
「背中の」ではなく「背面トリートメント」になってしまった。

決して要求されるわけでもなく、
「やった方が良いよね」と思うと、「やりたい」で、
思うと直ぐに行動するB型。
営業年数に比例して、技術の手数が増えている。

今年の1月〜3月まで行った、
「ハンドパラフィンキャンペーン」は、好評だった。
今年は寒そうなので、12月から実施の予定。
開き直って、
年間?通年?キャンペーン情報を整理するつもりです。


開店18周年&移転1周年 感謝デコルテキャンペーン

http://www.facial-aozen.net/campaign.html


シンゴニウム2歳の秋
家族、子供の写真付き年賀状を嫌う人もいるらしいけど、
「お〜、こんなに大きくなったか〜!」と、
年に一度だけでも、友人の子供の成長を垣間見る事が出来て、
私は楽しみにしている。

一昨年の10月に買った、シンゴニウムが育ちすぎて、
「立っていなさいって言っているでしょ!」と言っても、
寝ころんで、言う事を聞かないまでに成長した。
まあ、これも成長の一過程と捉えることにして。

原宿のダイソー、105円の頃、



昨年の10月、



今年、2歳を迎えたシンゴニウムです。




立てと言っても、棒を立てても、頭が重いのか、猫背なのか、

「稔るほど、頭を垂れる稲穂かな」状態です。


ブールマンハーブティー
私が寒いのか世間が寒いのか、
11月って、こんなに寒かったかしらと呟きながら、
お茶〜コーヒー〜紅茶のローテーションで、
熱い飲み物を飲み続けている。
普段は、コーヒー&紅茶にはお砂糖もミルクも入れないが、
体が欲するのか、どっとお砂糖ミルクの全部入りで摂っている。

3種類のローテーションに飽きた昨日、
お客様からニューオータニの美容室で売っている、
スイス製「ハーブティー」を頂いた。



カミツレや甘草など化粧品でも馴染みのある名前の中に、
「フェンヘル」知らないなと、
フェンヘル ハーブティーで検索すると、
「のどがカラカラ、たくさんのみましょう」と、出てきた。

疲れた時や、お休み前にホッと一息。気分が落ち着く香りです。



原材料も、まったく一緒で、
フェンヘル、シナノキの花、西洋山ハッカ、甘草、
カミツレ、やぐるま菊の花、ゴールドメリッセ
唯一ラベルが違うだけのもの。
オータニの美容室が販売しているだけで、
元は、どうも、「ブールマン夫妻」が作った、
ブールマンハーブティーらしい。
あっ、よく見たら、ブールマンと書かれていた。

熱い飲み物を欲していたのは寒さのせいだけでなく、
空気が乾燥しているせいだったのか。
沢山飲んでいいんだね。
ミントの感じがかすかにして、体の緊張がほぐれる感じ、
です。
飲んだらね、倒れこむように、
ちょっとだけだけど、夕寝しちゃった。


お姉ちゃん美容師へ
マッサージ前に、お姉ちゃん美容師が、
「母が、リンパマッサージなんて言葉を覚えてしまって・・・。
テレビの影響なのでしょうけど・・・、
これ以上知恵が付くと、困りますね〜」などと話していた。
デコルテマッサージに入ると、
「これは無理だ、できない」
「はい、これは上級者クラスですから・・・」

デコルテのマッサージは、
歌でいえば、スローなバラード、でしょうか?
下手でも歌えるアップテンポと違って、
伸びやかにお腹から声を出し、震わせて、
歌詞が心に響くように残るように歌う。

お姉ちゃん美容師へ
マッサージのワンポイントレッスンは、
目を瞑るか、暗くするか、要は手元を見ないように、
頭の中でイメージして、する、事ですね。
後はね、企業秘密。


2009年11月05日(Thu)▲ページの先頭へ
言わない言葉は聞こえない その3
体の下らない、知らなくてもよい事は、
医学書に載っていないような事は、いっぱい知っている。
利き腕の方が毛深いとか、顔が締まっているとか、
丸顔の人は、胸も丸いとか、云々。
色んなお客さんをみて、対比しているわけでもないのですが、
大雑把に、「ああ、そうか」と括っている。

エステを料理に例えると、
あり合わせの材料で最高に美味しいものを作る、
ことになる。
豚バラで、オムライスを作っても美味しくないように、
その人の良いところを使って綺麗になっていただく。

ぞろ目の会の「あの子、変身計画」目標は、
背も高く私に似ているがっちり体型、
でも、私と違って顔が小さい。
お化粧で大きな目を小さく見せることは、
特殊メイクでしかできず難しいが、
小さな目は、デフォルメすればよいのだから、
その利点を生かして、こういうメイクをして、
こういう洋服ならと、
さりげなくしつこくアドバイスをしていても、
本人は自分の利点を意識していないので、計画は捗らない。

当店では不人気な「世間の人気女優さん」は、
知恵袋言うところの「女中顔」でも、人は綺麗だと言う。
これは、ひとえに努力の賜物だと思っている。

私は写真が好きではなく、又、撮る事もとても下手だが、
「この人は、この角度、この髪型、洋服がイケル!」で、
特殊メイクなし、加工&修正なしで、
「人生、奇跡の1枚って言われた!」を何枚か撮っている。
成功の秘訣は、その人なりの、綺麗に見せる術を考えるから。

ぞろ目の会の変身目標さんへ、

オムライスは、鶏肉で作るのが美味しいの。
世話焼き、B型、狼の私達の言う事を聞きなさい!


2009年11月04日(Wed)▲ページの先頭へ
肩のマッサージ・手当て
誠に申し訳ありませんが、この記事は、移動しました。



http://www.facial-aozen.net/diary/archives/2.html


お出掛けいただければ、幸いです。o(_ _*)o


2009年11月03日(Tue)▲ページの先頭へ
原宿を巡る
キティちゃんは、キティちゃんと必ず呼ばれ、
絶対にキティとは呼び捨てにされない。
郵便局で「キティちゃんの切手はありますか?」
と聞くと、お姉ちゃんは元より、お兄ちゃんもおじちゃんも、
「キティちゃんは・・・」と必ず、ちゃんづけとなる。
キティちゃんは、ちゃんまでが、名前らしい。

店販用にと万人に愛されているキティちゃんの手提げ袋を買いに、
原宿のダイソーに行った。
帰り道に、H&Mに行く前に、
そうだ「後学の為」と、隣のフォーエバー21にも寄った。
私には、「何故、こんなにフリルは要らないだろう・・・」の、
ちょっと無理目な服が多く一巡して、H&Mに。
気に入ったワンピースがあったが、
首がナイロン被れを起こすので、悩みながら3階まで巡り、
試着待ちの時間が長く、結局着ずに買わずに帰る。
ついでにと、ZARAに寄ると・・・。
短時間とはいえ慣れとは怖いもので、激安のH&Mを見たせいの様で、
安かった筈のZARAの値段が、高く感じる。
でも、ぶつかりながらの移動をした、フォーエバー&HMと比べると、
人が少なく、とても歩きやすい、が。
結局、隣のコロンバンで「原宿土産に如何ですか?」の、
「原宿ロール」を買い、GAPに寄る。
更にお客さんが少なく、お店の人にやたらと声をかけられ、
「試着、試着」と誘われ試着室へと入るが、
私の体を拒んだ洋服ばかりで・・・、買わずに帰った。
ベネトンに行くと、同年代のお客さんが多く、
ほっとしながら洋服の繊維表示を見ていると・・・。・゜゜(>_<)゜゜・。

思う存分、人ごみにまみれて巡った原宿なのに、
戦利品は、キティちゃんの手提げ、原宿ロールと、
すぐそばの新潟館の新米コシヒカリだけ。
原宿ロール、¥1,050なのに、美味し。
朝から、2切れを食べる。
又、買いに行く。


2009年11月02日(Mon)▲ページの先頭へ
深夜食堂
ビックコミックオリジナル連載のお気に入り短編漫画、
「深夜食堂」が、テレビドラマ化された。
漫画に影響されて、出てくる料理を作ったこともあり、
放送を楽しみにしていたので、
忘れてはいけないと、10月14日1:04〜
「深夜食堂」とカレンダーにしるしを付けた。

私のイメージは、小林薫さんとはちょっと違うけど、
好きな俳優さんなので、勝手に良しとする。
オープニングで、こんにゃくをちぎって、
豚汁を作るシーンが出てきて、翌日の夕食は、勿論、豚汁。
3回の放送が済んだ今時点で、3週間で豚汁を2回作った。

寒いせいも、影響されやすいせいもあるだろうけど、
映像の力は凄いなと、思っている。


1 2    全31件


大工と書いて、神奈川県の大工の間では、「でえく」と読みます。
「おとっつぁんは、でえく、にいちゃんは、じゃり屋、娘は室内土方のエステェティシャン」
このページは、由緒正しきガテン系、
まごうことなき筋肉質のエステティシャンの独り言、
呟きのブログです。

【プロフィール】

エステティシャンになって33年。湯船に浸かりながら、
膝を使ってマッサージの練習をしたのが、昨日のようですが・・・。
青山・表参道で働き始めて30年。
途中、艱難辛苦を乗り越えて、
美容師免許取得。
B型、さそり座、

お陰さまで、o(*_ _)o
青山全身美容室は、
2017年11月で26周年を迎えます。

青山全身美容室・本家

フェイシャル専用 
青山全身美容室


新設ブログ 素肌美人.net

ナボカル、ジェナティック化粧品の、サンプル&通販を始めました。


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年11月
         

アーカイブ
2006年 (90)
6月 (6)
7月 (10)
8月 (14)
9月 (9)
10月 (19)
11月 (15)
12月 (17)
2007年 (289)
1月 (10)
2月 (15)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (30)
9月 (25)
10月 (27)
11月 (28)
12月 (31)
2008年 (367)
1月 (31)
2月 (30)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (34)
9月 (31)
10月 (33)
11月 (28)
12月 (37)
2009年 (369)
1月 (29)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (29)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (32)
11月 (31)
12月 (34)
2010年 (369)
1月 (32)
2月 (30)
3月 (32)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2011年 (363)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2012年 (366)
1月 (32)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2013年 (362)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (29)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2014年 (364)
1月 (30)
2月 (28)
3月 (30)
4月 (31)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2015年 (363)
1月 (30)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2016年 (365)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (32)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (30)
11月 (30)
12月 (31)
2017年 (294)
1月 (32)
2月 (28)
3月 (30)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)

アクセスカウンタ
今日:2,738
昨日:4,240
累計:7,642,353